北欧紅茶

北欧風チーズケーキ=オストカーカ

ティーセンターブレンドを使った北欧風チーズケーキ=オストカーカ

チーズケーキといえば、ベイクドタイプやレアタイプ…最近ではバスクチーズケーキなどが有名でしょうか。クリームチーズをたっぷりと使用した豊かな味わいは、いつの世も女性たちを虜にしてきました。けれど、北欧スウェーデンの伝統的なチーズケーキ・オストカーカはそれらのチーズケーキとは一味違います。さっぱりとした甘味の中に感じるナッツの香ばしさ…付け合わせのジャムやクリームとの相性も抜群な一皿です。
今回は、北欧紅茶の中でもダイレクトに茶葉の旨味を感じられるティーセンターブレンドを使用したオストカーカのレシピを紹介します。茶葉をそのまま生地に使用する事で、より香りが立ちその魅力を引き出します。ぜひご家庭でもご賞味ください。

ティーセンターブレンドのオストカーカのレシピ

北欧風チーズケーキ・オストカーカは、伝統の製法では牛乳にレンネット(酵素)を加えて凝固させたチーズのようなものを使って作ります。レンネットは手に入りづらいので、今回はそれに似た製法で作られるカッテージチーズを使って手軽に作りましょう。カッテージチーズは粒状のタイプだとより本場の伝統の味に近く、裏ごしタイプだと口当たり滑らかなチーズケーキに仕上がります。お好みで選んでご使用ください。
また、本場のレシピではアーモンドオイルを使用して香りづけをしますが、今回はティーセンターブレンドの香りを立たせる為使用しておりません。お好みでご使用下さい。

ティーセンターブレンドのオストカーカの材料

卵           100g(小2個)
グラニュー糖      30g
薄力粉         15g
生クリーム       150g
カッテージチーズ    200g
アーモンドダイス    25g
ティーセンターブレンド 大さじ1

ティーセンターブレンドのオストカーカの作り方

.椒Ε襪僕颪蛤重を入れ、共立てにするイメージでホイッパーでもったりとするまで泡立てましょう。

∧未離椒Ε襪鰺儖佞掘∪献リームとカッテージチーズ、さらにティーセンターブレンドを良く混ぜ合わせておきましょう。この一手間で、,竜に△鯆戮気困冒澗里鮑ぜやすくなります。

ホイッパーからスパチュラへ持ち替え、ここへ,箸佞襪辰疹麦粉を少しずつ加えて混ぜ合わせていきます。仕上げにアーモンドダイスを加えてさっくりと混ぜ合わせましょう。

ぅ僖Ε鵐彪燭鰺儖佞掘∪乎呂鯲し込んでいきましょう。余分な空気を抜く為、1〜2回トントンと落としてから天板にのせましょう。

180℃に予熱したオーブンで45分焼いたら完成です。はじめはふっくらとしていますが、時間が経つとしぼんで落ち着きます。

Δ皿に盛り付け、お好みで粉糖をかけたりジャムやホイップクリーム、アイスクリームなどを添えてお召し上がりください。甘味が控えめなケーキなので、甘い付け合わせと相性が良いでしょう。


オストカーカをおいしく作るには?

このケーキは非常にシンプルな材料で作られているので、一つ一つの工程を丁寧に行うことで美味しさが増していきます。
例えば、ダマにならないよう粉は少量だけれどちきんと振るうこと。滑らかな食感になるように、あらかじめチーズとクリームをしっかりと混ぜ合わせておくこと。膨らんでふわっとした食感になるように、そしてアーモンドダイスが均一に保たれるように、卵と砂糖は良く泡立てて空気を含ませておくこと。
こういった過程一つ一つを大切に作業することで、この北欧の家庭の味はグッと美味しさを増すのです。

ティーセンターブレンドの魅力

なぜティーセンターブレンドを使うのか

ミルクと相性の良い茶葉、と言ったら何が思い浮かぶでしょう。渋みが少ないアッサムやバランスの取れたディンブラ、クセのあるミルクティーが好きな方にはキーマンなども人気ですね。しかし私がもっとも好んで使っているのは、ミルクティーにしても紅茶の香りがしっかりと残るウバです。北欧紅茶の中でも最高級のウバやディンブラを使用しているティーセンターブレンドは、ミルクティーとして飲むのにもオススメなコクが豊かな茶葉です。
今回のチーズケーキは乳製品であるカッテージチーズを使用しているので、まさにティーセンターブレンドとは相性抜群。乳製品のコクを残しながら紅茶の風味が口の中に優しく広がって、さっぱりしているけれどコク深い一皿になるのです。
フォークですくって口へ運んでみると、カッテージチーズの旨味を感じつつアーモンドで食感のアクセントを、そして茶葉からでる豊かな香りを楽しむことができます。
そしてもう一つ、ティーセンターブレンドは茶葉が細かいので煮出すことなく料理やお菓子に使用できるという利点があります。食感を損なうことなく、香りをダイレクトに感じられるので非常にオススメです。ぜひ様々なお菓子に入れてご利用ください。

ぜひご家庭で”FIKA”を楽しんで

今回は、北欧紅茶の中でも味わい深いコクをもつティーセンターブレンドを使った北欧風チーズケーキのレシピを紹介しました。
北欧では、”FIKA(フィーカ)”と呼ばれるコーヒーブレイクの時間をとても大切にしています。甘いペストリーやケーキと共に、友人や家族と過ごすFIKAの時間は北欧の暮らしにとって欠かせない大切な時間です。
それはきっと、北欧と遠く離れたここ日本でも同じはず。一緒にこの時を過ごしたい大切な方と、美味しいケーキやお茶を頂くのはとても癒される時間です。少し休憩、と自分にご褒美をあげる感覚でこのケーキを召し上がってみてください。少しだけいつもと違う、けれどもなんだか懐かしいような、そんな癒しのティータイムになってくれることを願っています。

Profileこのレシピを考えた人

内田 昌子

管理栄養士・フードスペシャリスト。
企業在籍時に行った栄養指導・料理教室開催・レシピブック作成などの経験をもとに、食のもつ様々な魅力を伝えるwebライターとして活動中。趣味は家族で旅行や音楽フェスに行くこと。2児の母として、美味しくて簡単にできる栄養満点ごはんを作るのに毎日奮闘中。
美味しいだけじゃなく見た目にも内容にも魅力のあるレシピを考案できるよう心掛けています。

Back Number