北欧紅茶

紅茶のガレットブルトンヌ

豊かな紅茶の風味がバターとマッチ♪ フランスの厚焼きクッキー「紅茶のガレットブルトンヌ」

バターの豊かな味わいと塩味が効いた「ガレット・ブルトンヌ」。厚みがあってサクほろなフランスの厚焼きクッキーですが、実はイギリスの文化を強く受けて生まれたお菓子です。
今回はそんなガレット・ブルトンヌについてのお話と、北欧王茶のティーセンターブレンドを混ぜ込んだ「紅茶のガレット・ブルトンヌ」をご紹介します。

ガレット・ブルトンヌとは

ガレットとはフランスで「丸く焼いたものの総称」で、ブルトンヌとは「ブルターニュ風」という意味です。バターの配合の多い焼き菓子で、ザクザクした歯ごたえとほろほろと崩れる食感が楽しめます。
ブルターニュ地方はフランスの北西部にあり、イギリス海峡に突き出たフランス最大の半島です。酪農が盛んな地域で、豊富な乳製品が生産されています。またブルターニュ地方のゲランド塩田は、世界的にも有名な製塩地帯でもあります。
かつてイギリスからケルト人がこの地に移り住んだときに、イギリスから「ショートブレッド」のお菓子が伝わります。ブルターニュ地方の特産品を使って、太陽を模して円形で作られたことから「ガレット・ブルトンヌ」が生まれました。表面に入っている模様は、太陽の光線を表しているといわれます。有塩バターをたっぷりと使用しているため、風味が豊かで塩味が効いた甘じょっぱい味わいが特徴になっています。

ガレット・ブルトンヌは2種類ある?

日本で「ガレット・ブルトンヌ」というと、こんがりと焼かれた丸い厚焼きクッキーのイメージが強く、実際日本の洋菓子店ではその名称で売られています。
一方フランスでは、ブルターニュ地方の代表的な郷土料理にそば粉のガレットがあります。ブルターニュ地方の特産品であるそば粉を使ってクレープ状に薄く焼いたもので、これが「ブルターニュ風ガレット」として広く知られています。
「ガレット・ブルトンヌ」は、そば粉のクレープとサブレの2種類の意味があります。ただフランスでは、薄く焼いたものを「ガレット」と呼んでいて、日本で売られているような厚焼きタイプのものは「パレ(パレット)・ブルトン」と呼ばれて区別されています。

ザクほろ食感と紅茶の風味がクセになる!「紅茶のガレット・ブルトンヌ」レシピ

バターをたっぷり使った「ガレット・ブルトンヌ」は、風味が豊かでリッチな生地が特徴です。フランスでは風味とコクの強い発酵バターが使われますが、今回は手に入りやすい一般的なバターを使って焼き上げます。
北欧紅茶の「ティーセンターブレンド」を使うと、すっきりしていて深みのある風味がマッチして、いっそうクセになる美味しさです。

材料 [直径5.5cmの浅型紙トレー11〜12個分]

・薄力粉/80g
・ベーキングパウダー/小さじ1/2杯
・アーモンドプードル/50g
・バター(無塩)/100g
・粉糖/45g
・塩/少々
・北欧紅茶のティーセンターブレンド/大さじ1
・卵黄/1個

<艶出し>
・卵黄/1個
・濃いめに入れた北欧紅茶のティーセンターブレンド/小さじ1杯分

【下準備】
薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておきます。
バターと卵黄は常温に戻しておきます。
Δ旅程の前に、オーブンを170℃に温めはじめます。

作り方

1.生地を作る

.椒Ε襪縫丱拭爾鯑れて、ゴムベラでほぐしてポマード(クリーム)状にしたら、粉糖と塩を加えてすり混ぜます。空気が入らないように、ゴムベラで混ぜ合わせていきましょう。

↓,僕餡を加えて混ぜ、さらに紅茶の茶葉を加えてゴムベラで混ぜ合わせます。

△砲佞襪辰進肝爐肇◆璽皀鵐疋廖璽疋襪魏辰┐董∧瓦辰櫃気なくなるまでゴムベラで切るように混ぜ合わせます。

い劼箸泙箸瓩砲靴謄薀奪廚吠颪漾⇔簑庫で1時間以上休ませます。


2.艶出しを作る

ネ餡と北欧紅茶のティーセンターブレンドの紅茶液を混ぜ合わせます。


3.成型して焼く

Ε薀奪廚両紊豊い鮗茲蟒个靴謄薀奪廚鬚ぶせ、めん棒で厚さ1cmほどに伸ばします。

Ь討型より少し小さいセルクル型に打ち粉をして、Δ鬚り抜きます。
生地がやわらかくなってきたら、冷蔵庫で冷やしながら行いましょう。
余った生地は2番生地としてひとまとめにして冷蔵庫で休ませ、同様に1cmの厚さにしてセルクルでくり抜きます。

天板に紙トレーを並べ、その上にГ鯤造戮泙后上の面にはけでイ鯏匹蝓乾いたら再度塗ります。
冷蔵庫に入れて表面を乾燥させてから、2度目の卵黄を塗ってもいいでしょう。フォークでお好みの模様を付けます。

170℃に余熱したオーブンで、25分ほど焼きます。しっかりと焼き目が付くまで焼いたら、網の上で冷ましてできあがり。


上手に作るポイント

型に入れて焼くことが最大のポイントです。生地に高さが出て、厚焼きに仕上がります。使う焼き型よりもひとまわり小さいセルクル型などを使って、生地を抜いてください。
今回は市販の浅型紙トレーを使用しましたが、セルクル型をかぶせて焼いてもOKです。使わずに焼いてしまうと、生地が広がって薄いクッキーになってしまうので、気を付けましょう。

しっかりと焼き込み風味豊か♪ 紅茶はもちろんワインにも合う

艶出しを塗って模様を付けたガレット・ブルトンヌは、表面にこんがりと茶色い焼き色が付いています。バターがたっぷり入った生地のため、サクサクしていてほろっと崩れる食感。かむほどに紅茶の風味がふわっと広がります。
北欧紅茶のティーセンターブレンドを使うと、コクのある茶葉の風味がバターの味に負けず、絶妙なバランスで香ります。渋みがなく紅茶の旨みを付けることができるので、しっかりと焼き込んだ焼き菓子にもぴったり。紅茶はもちろん、ワインに合わせても相性がいいですよ。

まとめ

フランス生まれの「ガレット・ブルトンヌ」は、バターリッチでザクほろな食感と塩味の効いた味が魅力です。
北欧紅茶のティーセンターブレンドで風味を付けると、かむほどに紅茶の風味が広がってクセになる味わい。生地を型に入れて焼くのがポイントで、ご家庭でも簡単にお作りいただけます。厚焼きでしっかりと焼き込んでいるため、紅茶はもちろんワインにも合いますよ。

Profileこのレシピを考えた人

Raico

パティシエ兼フードライター。
情報誌の編集・ライターとして勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修行を重ねる一方で、マクロビオティックや薬膳など複合的に食分野を学ぶ。
「食べることは生きること」。“美味しいものに出会う”一期一会を楽しみながら、居心地のいい空間を探し中。

《資格取得》
製菓衛生師
フードコーディネーター
フードアナリスト
ラッピングコーディネーター

Back Number