北欧紅茶

北欧紅茶の限定ショップ『Mr.GUSTAF』が湘南T-SITEにオープン!

北欧紅茶の限定ショップ『Mr.GUSTAF』が湘南T-SITEにオープン!

生活を豊かにしてくれる3つのテーマに紐づけられた個性溢れるショップが揃い、それぞれがシームレスに繋がるモール『湘南T-SITE』。
北欧・スウェーデンから届く、香り高い北欧紅茶をメインに様々な北欧雑貨が揃うショップ『Mr.GUSTAF』が2020年12月4日〜2021年6月30日までの期間限定でオープンしています。

北欧式の休息、「fika」のすすめ

冒頭で触れた、湘南T-SITEが掲げる3つのテーマとは、

.好蹇璽奸璽鼻Ε好蹇璽薀ぅ佞猟鶲
⊆駝とデジタルライフの楽しみ方の提案
親子コミュニケーション

この3つの中でも特に、
【スローフード・スローライフの提案】というテーマ。
これは日本から見る北欧のイメージにもどこか通ずるものではないでしょうか。

スウェーデンには「fika」という文化があります。これは家族や友人、職場の仲間たちと集まって、それぞれ好きな飲み物とお菓子を片手に語り合い、穏やかな時間を過ごそうというもの。
どんなに忙しく急いでいても、fikaの時間を欠かすことは決してありません。
そしていまやfikaはスウェーデンだけでなく、デンマークやノルウェーなどの北欧諸国にも広まっている文化です。

fikaによって北欧の人びとに根づいた考え方は、
日々の生活をただこなしていくだけではなく、大切な人たちと気軽におしゃべりを楽しんで
体も心もきちんと休息を取り、あたたかく満ち足りた1日にすることが最優先。
それに、fikaするのは休日だけではありません。
仕事中でもfikaでリフレッシュすれば、またたくさんのアイデアを生み出すことができるということも人びとの共通認識となっているのです。
もちろん、子どもだってfikaに参加します!
とにかくみんなでfikaする。
1回のfikaタイムは15分から30分程度。
あまり長い時間をとるわけではないのですが、その少しの時間を取ることを誰もが大切にしています。

北欧各国の国民の幸福度が高く、「世界一幸せな北欧」と呼ばれるようになったのも、fikaによって生まれた心のゆとりによる功績なのかもしれません。

それに比べて、日本は世界基準で見ても労働時間は長く、休みはとても少ない。それに比例してか、幸福度も低い位置付け。
実際に私たちの普段の生活に目を向けてみると、
一見豊かで多くのものに恵まれていても、
慌ただしさのあまり大切なものを見落としているように思います。
北欧文化の代表格とも呼ばれるfika、実は私たち日本人にこそ必要な習慣かもしれません。

「MR.GUSTAF」北欧の香りをまとう

Mr.GUSTAFは、fikaという文化と同じくスウェーデンで誕生した紅茶のブランド
『北欧紅茶(Tea Center of Stockholm)』をメインに、fikaタイムにぴったりな焼き菓子や雑貨を中心にセレクトしたショップです。
香り豊かな北欧紅茶と共に、現地の人々の暮らしぶりなども伺える、北欧文化のあたたかさを感じるラインナップになっています。

また、店内で淹れたての北欧紅茶をテイクアウトすることも可能です。
湘南T-SITE内にある全てのショップには、そのショップごとに関連する雑誌や書籍が設置されています。
Mr.GUSTAFには北欧の文化に関連した雑誌や書籍が設置してあるので、
北欧紅茶の香りを楽しみながら、ゆったりと読書をしてみるのはいかがでしょう。
書店と専門店のつながりを大切にしている湘南T-SITEならではのfikaタイムで、北欧の香りをまとってみませんか。

サスティナブルへの取り組み「旅する茶葉」

Mr.GUSTAFでは、北欧紅茶を提供したあとの出がらしとなった茶葉を集めて乾燥させ、サスティナブル(持続可能な社会)への取り組みとして
近隣の農家さんへ寄付しています。

寄付した茶葉は農家さんの手によって土に還されます。
そして肥料として姿を変え、その豊かな土から美味しい野菜を収穫することができます。

北欧紅茶は、着色料や保存料を使わず、天然のフルーツやお花のみを使ってブレンドされているのが大きな特徴。
そのため、紅茶として楽しんだ後にもたくさんの活用方法があります。
前述のように肥料として再利用する他にも、クローゼットに入れてポプリとして使ったり、
冷蔵庫・トイレなどの消臭剤として使用することもできるそう。
体にはもちろん、環境にも優しいのが北欧紅茶なのです。

ちなみにこの茶葉を寄付しているのは、毎週土曜日に、湘南T-SITEで開催されている「湘南メルカート」というファーマーズ・マーケットに出店している農家さん。
そのうち、北欧紅茶が肥料となって育てられた
新鮮な野菜たちに会うことができるかもしれません。

自分にも周りにも、そして環境にも優しいfikaタイムを

Mr.GUSTAFでお気に入りの紅茶やお菓子を見つけて、自分のためにちょっと丁寧に淹れてみたり、大切な人たちと一緒に味わうだけで
それがいつもと同じ場所でもきっとあたたかく感じられると思います。
自分たちに優しい選択をすることは、自然とサスティナブルにも繋がり、また自分のもとへ返ってくるでしょう。

世界規模で目まぐるしく環境や生活様式が変わっていく時代だからこそ
北欧の文化であるfikaで休息をとりながら、大切なものを再確認してみませんか。




Back Number