北欧紅茶

スパイスブレンド風味アップルパイ

スパイスブレンド風味のコンポートで作るお手軽「アップルパイ」

お茶の時間、ふと食べたくなるデザートのひとつがアップルパイです。
アップルパイといえばシナモンの効いたしっとりとしたアップルコンポート、そして対照的なサクサク食感のパイ生地との相性が抜群なご馳走デザート。ご家庭でも手軽に作って頂けるアップルパイを、いつもと一味変えて北欧紅茶を使って作ってみるのはいかがですか?
北欧紅茶の中でもシナモン・クローブ・カルダモンといったスパイスの風味が効いたスパイスブレンドを使って、奥深い味わいのアップルコンポートを作ってみましょう。さらに手軽なパイシートを使う事で、焼き型も用意する必要ないホールサイズのアップルパイの作り方を紹介します。おもてなしにもぴったりな1品です。ぜひご家庭でもお試しください。

スパイスブレンドのアップルパイのレシピ

今回はスパイスブレンドを使用したアップルコンポートを作る事で、シナモンを用意する事なく風味豊かな味わいのアップルパイを演出することができます。お砂糖だけで作るコンポートよりもセイロンティーの風味が加わる事で味わい深く、直接的にシナモンを入れないのでスパイスの香りも穏やかに香りお子様にも好まれる上品な仕上がりになります。
コンポートには煮崩れしづらい種類のりんごがオススメですが、今回は時期的に紅玉が手に入らなかったのでジョナゴールドを使用して作っています。少し甘さ控えめに仕上がりますので、甘めがお好みの場合は砂糖を足して作ってみてください。

アップルパイの材料

・冷凍パイシート…2枚(18cm×18cm)
・りんご…1個
・砂糖…大さじ3
・レモン汁…小さじ1
・バター…大さじ1
・卵黄…1個分
・スパイスブレンド…大さじ1
・ 水…200g

アップルパイの作り方

1:りんごの皮を剥き、16等分にカットしておきましょう。ゴロゴロした食感が好きな方は8等分でも大丈夫です。

2:200mlの熱湯でスパイスブレンドを抽出しておきましょう。

3:小鍋に△離好僖ぅ好屮譽鵐匹蛤重、レモン汁、カットしたりんごを加えて火にかけましょう。りんごが浮いてくるようなら落とし蓋をすると、より早く火が入り味が染みやすくなります。仕上げの段階でバターを入れて溶かす事で冷めても美味しいパイ用のコンポートが出来上がります。

4:りんごの果肉が柔らかくなりほんのり色がついたら冷ましておきます。冷める過程でも味が入るので、汁は切らず少し漬けておくと良いでしょう。

5:パイシートを常温で戻し、1枚は底に敷くので直径18cmほどの皿やボウルで形をとってナイフでカットし成形しておきましょう。等間隔にフォークで刺してピケ(空気穴をあける)しておきましょう。

6:パイ生地の中心にりんごのコンポートを乗せていきましょう。ふちの部分は1.5cmほどあけて乗せるようにすると上手く成形できます。コンポートの水分はなるべく切ってから乗せると、べちゃっとせず美味しく仕上がります。

7:もう1枚のパイシートを1.5cm幅に6本カットして格子状に飾っていきましょう。

8:さらに2cmほどの幅でカットしたパイシートで周りを覆っていきます。フォークで押さえるようにして、焼いた時にパイが開いてしまわないように周りを固めます。

9:卵黄を塗ってツヤを出していきます。この時、卵黄には少量の水(分量外)を加えて粘度を落とし塗りやすくしておきましょう。今回は生地が余ったので、三つ編みの飾り生地を周りに付けてから塗っています。余った生地は天板に乗せて焼いても良いですし、こうして飾りに使うのも良いでしょう。

10:200℃に余熱したオーブンで35分焼いたら完成です。この時、しっかり焼き目がつくくらいしっかり焼いておくと、下の生地もサクサクに仕上がります。

美味しく作るためのポイント

このアップルパイを美味しく作るために気をつけたいポイントは、とにかくパイをサクッとした食感に仕上げる事です。アップルコンポートを生地に乗せる際には良く水気を切ってから乗せ、オーブンの温度もしっかりと210℃に余熱してから入れるようにしましょう。
途中で焼き色が気になってしまうと思いますが、開けてしまうと温度が下がってしまうので慎重に。薄めの焼き色の時に取り出してしまうと、底の部分のパイ生地が焼き切らない状態でべちゃっとした生っぽい食感になってしまいます。思い切ってこんがりと焼き色をつける事で、さっくりとしたパイの食感としっとりとしたコンポートの食感のコントラストが楽しいアップルパイに仕上がります。

北欧風のアップルパイは

今回紹介したのは、パイ生地を使って作るアメリカンタイプのアップルパイ。では北欧のアップルパイはどのようなデザートなのでしょうか?

北欧のアップルパイ=オメナピーラッカ

北欧のアップルパイは、アメリカンパイのように層になったようなパイ生地を使うのではなく、バターケーキのような生地にりんごのフィリングを入れて焼き上げたデザートです。
フィリングにはシナモンをたっぷりと、そして生地にはカルダモンを加え香り高く仕上げます。
北欧では自宅の庭にりんごの木を植えている家庭が多く、秋先にはりんご狩りが行われます。こうして収穫したりんごはジャムやジュースにして、1年を通して楽しまれます。もちろんスーパーでも買うことができ、北欧ではとてもポピュラーなフルーツであるりんご。日本のりんごに比べ種類が豊富で、大きさはテニスボール大の小ぶりなものが多く楽しまれています。
その味は甘さが強いわけでもなく、甘味が強いわけでもなく、味は少し薄めです。そのままおやつがわりにかじる事も多いですが、甘味を付けてデザートにするとより楽しめるようですね。
北欧のケーキには、甘味を付けたホイップクリームやアイスクリームを添えて食べるのが主流です。今回紹介したアップルパイには、トースターで温め直してからバニラアイスを添えても美味しく頂けます。ぜひ北欧風にトッピングアレンジをして召し上がってみてくださいね。

北欧紅茶ならではの風味がたまらないアップルパイをぜひ

今回は、北欧紅茶の中でもエキゾチックな香り漂うスパイスブレンドを使用したアップルパイのレシピを紹介しました。型を用意する必要なく、パイ生地だけで作れる手軽さが魅力のお手軽ながら本格的なスイーツです。
スパイスブレンドで煮たりんごは、ほんのり茶色く色づいて見た目にも美味しそう。紅茶の風味だけでなくシナモンやカルダモンの香りが優しく香るので、一口食べると甘味の中に豊かなスパイスの香りが広がります。
さりげなく北欧風に仕上げる事ができるので、お子様からお年寄りまでどなたでも楽しむ事ができるでしょう。
コンポートは、たっぷりと作って冷蔵庫に入れておくと様々な使い方ができて便利です。そのままホイップクリームを添えてデザートとして楽しんだり、パンケーキやクレープに添えたり、何にでも合うさっぱりとした美味しさでその楽しみ方は無限に広がります。
ぜひご家庭で茶葉が余った時などに作ってみてくださいね。いつもと違うスパイスブレンドの表情を楽しんで頂ける事と思います。

Profileこのレシピを考えた人

内田 昌子

管理栄養士・フードスペシャリスト。
企業在籍時に行った栄養指導・料理教室開催・レシピブック作成などの経験をもとに、食のもつ様々な魅力を伝えるwebライターとして活動中。趣味は家族で旅行や音楽フェスに行くこと。2児の母として、美味しくて簡単にできる栄養満点ごはんを作るのに毎日奮闘中。
美味しいだけじゃなく見た目にも内容にも魅力のあるレシピを考案できるよう心掛けています。

Back Number